仕事

2013年2月20日 (水)

3年前

最近選考やらで就活生と話す機会がちょこちょこと
あって思うこと。

思えば3年前の時点では何もわかっていなかったし、
今振り返れば未熟の極みで、よくなんとかここまで
これたもんだと思う。

逆にある程度わかってしまった分、忘れてしまった
途方も無い希望とか理想ものもあるなと。

3年後の自分が見れば今の自分なんてきっと大したこと
ないんだから、せめて目標くらいは高く持っていようと
思った。

そんな今日なのでした。

今の生活も後3日。

楽しも。

2013年2月15日 (金)

コミュニケーション

ロジックだけでは駄目だし
感情だけでもだめ。

統一したルールも法則もない。

その時々、相手に合わせて行わないと行けない。

自分一人じゃ大きなことはできないから、
結局目的に向けてどれだけの人を動かせるか
が大きな能力なんだと実感。

試行錯誤するしかない。

2013年2月14日 (木)

共有課題

最近、あーこれが世の中の多くの人が悩んでいる
ことなんだと実感することが多々あります。

これまで本やら人の話を聞いていて、
なんでこんな事がどや顔で語られているんだろう
と不思議に思っていましたが、
あぁこういうことねという感じ。

時間管理だったり、コミュニケーションの取り方
だったり、目標の立て方だったり。

当たり前を当たり前にできることが
これほど難しいとは。

これはもう経験とか年齢ではなく、
同じ人でもタイミングによってできる時と
できない時があったりするから、
また厄介。

ベースのレベルを上げるしかない。

2013年2月13日 (水)

整理

先月末くらいから足を使うより考えることが
多い役割に仕事が変化したんですが、結構
難しい。

どうしても多くの数字を同時に追ってしまったり、
必要以上に細かく見てしまったりして、つい本筋
を見誤ってしまったり、思考が進まなくなってしまう。

そんな時に一番有効だなって最近思うのは、
人に話してしまうこと。

特に自分よりその方面で経験が長い人や、
思考性が強い人。

大体あっさりと解決されてしまい、
なんでこんなことがすぐに気づかない
のか自分でも情けなくなるけれど、
少しづつ少しづつ、できることは
増えている気がするので、続けていくしか
ないんだろう。

人の手も借りつつ、しっかりと
自分でも考えられるようにしたい

2013年2月11日 (月)

愛車処分

某業者にて原付を処分。

大学入学時から乗ってたものだから最後は少し
思い出すこともあって時間がたつのは早いなと思ってしまいました。

ここ何週間かで、不動産、引越し、ネット、バイク屋と
色んな業種の人と話す機会があって、当たり前だけど
あー色んな仕事があるんだなと思うし、
その中でも営業マンと話すと、自分ならどうするとか
こういう言い回しをするのかとか勉強になる部分も大いに。

ちゃんと営業やっとけば何やっても食いっぱぐれない気がした。

2012年9月29日 (土)

今期終了

今期終了。

昨日で会社の期末でした。

個人として、チームとしてなんとか目標をクリア。

本当にしんどい1ヶ月でした。

苦しんで、乗り切って、なんとか達成できる事が
充実して楽しんことなんだとやっと理解できた気がする。

こんな仕事のやり方が続いていけば、
凄くいいと思うので、来期も頑張っていこう。

2011年12月20日 (火)

考えれば考えるほど。

思考は深まる。

自分の場合、一定の周期でひたすら動く期間と悩む期間がやってくる。

動いた質量が多いほど、悩む時間の密度は濃い。

思えば、9か月とにかく全部全力でやってきたから、いざまとめてみると出てくる事はめちゃくちゃ多い。

時間が足りない。


考えれば考えるほど、うちの会社のポテンシャルが見えてくる。


だからこそ、悲しい。


とてもとてもくだらない事で、そのポテンシャルが全く発揮できていない。

そしてその”くだらなさ”はこの会社の本質的な、というか、根源にあって、自分にはどうしようもない。

力の及ばない自分が悲しいし、このポテンシャルが埋もれる事が悲しい。


何がいけないのか。

何が問題なのか。

自分に何が出来るのか。

時間がないからこそ、時間は活きる。

精度と密度を上げていこう。

2011年4月24日 (日)

未熟

自分は未熟である。


久々にそれを実感した。

今まで、どこかで、“新人ぶっている”自分がいた。


学生時代の経験を、さも社会人としての経験のようにみなし、


未熟な新人を“演じて”いた部分があった。

しかし、いざ、責任を負って仕事をし、トラブルに直面して、


自分が如何に未熟であるかを知る。

自分が起こした問題ではないけれど、その影響の大きさを実感し、


その矛先が自分(の会社)に向いた時、


そこに生まれる恐怖と不安。

自分はただの新人、若者、未経験者。

0からのスタートである事を忘れず、


この気持ちを忘れず、


目の前の事に全力で向かっていかなければ。


無知の知。

2011年4月16日 (土)

上下関係

今日は非常に重要な事を学んだ気がする。


それは、会社には、上下関係が存在するということだ。


当たり前だと思うかもしれないが、よくよく考えれば、初めての経験。


確かに、部活は年功序列の極みだったし、大学時代にもそれに似たものはあった。


しかし、どこかで、従う義務はないのだと感じていた。


そちらかというと自主的に従ってるといった感じ。


しかし、今日会社で組織構造について話している時に感じたのは、
会社には明確な指示系統が存在するという事。


もちろん、心まで支配する事は不可能なので、ある程度限定はされるが、
人生で初めて、従わなければならないというものに向かい合っている気がする。


これは良くできたシステムで、指示する側はその全体に対して責任を負っており、
指示する代わりに責任もかぶる。


指示される側は、指示に従うことによって、組織において役割を得る。


指示を受ける側としてどう考えるべきか。


指示系統や分担に固執すれば、自分の頭で思考しなくなるし、


自分で考えてばっかいると、素直に従えない。


指示する側としても、指示される側としても失敗した経験があるだけに、


いろいろ考えることは多い。


こういう時に、学生時代の経験が活きていると思う。

組織での立ちまわり方はある程度試してきた。

さぁ今回はどうしようかな。

その他のカテゴリー